痩せる薬は実在する!芸能人が使っている痩せる薬!病院処方の MDクリニック・ヤンヒーダイエットのまとめ

厚生労働省のニュースについて

厚生労働省のニュースについて

厚生労働省から注意喚起を呼びかけるページや服用による体調不良などの報道、また死亡のニュースが目立ちます。
これらは一般的に未承認の医薬品成分ばかり注目されますが、実のところ複数の医薬品の多量摂取が原因です。

例えば、20代女性の死亡事例の公的機関の発表の原文をそのまま流用させていただきますと


精神科、産婦人科への通院歴があり、国内の医療機関で処方された精神神経用剤、睡眠導入剤、排卵誘発剤、制酸・緩下剤等の各種医薬品を少なくとも死亡の約6ヶ月前から継続して服用

「MDクリニックダイエット」を本年3月上旬に海外(タイ)の携帯サイトを使用して、個人輸入により購入し、死亡の約2週間前から国内の医療機関で処方された医薬品と併用していた模様

女性から検出された薬物は、国内の医療機関で処方された精神神経用剤の成分との報告を受けていますが、死亡の約2週間前から「MDクリニックダイエット」を併用していたこと等も考慮すると、「MDクリニックダイエット」と死亡との因果関係を完全に否定できません

とあります。
この部分について自分でも厚生労働省に問合せを行いました。
担当者の返答によりますと成分の検出がされたとは言いにくい、という回答に留まりました。
あくまでも可能性上での注意発起となっています。

また未承認の成分については「シブトラミン」という成分で海外では肥満治療薬として活用されています。
実際、国内でも製薬会社のエーザイが臨床試験や製造販売承認申請を行っております。

いずれにせよ、抗肥満薬はその臨床上のベネフィットと健康リスクの評価をどうするかが近年議論となっています。肥満には体質や病気によるものもありますが、やはり肥満となりやすい食生活や食環境についての介入も不可欠です。薬の開発だけではなく、健康的な食生活を促す社会的な取組みも必要でしょう。

また、個人輸入代行サイトでは「現在患っている疾患」や「アレルギー」なども入力する欄があると思います。
併用してはいけない薬を服用しているかもしれないのに、嘘をついて申告した場合、どうなるかは想像できるはずです。

あくまでもMDクリニック処方薬、ヤンヒー病院処方薬は「病院が処方する治療薬」です。
あなたの身体を守るためにも、必ず用法容量を守ってくださいね。

正規品を扱っている安心のサイトのご紹介

こちらは自分が利用したこともある中で正規品(きちんと病院処方して送ってくれる)サイトをピックアップしました。ここで紹介しているサイトであれば安心です。

痩せる薬 MDクリニックe-ダイエット 痩せる薬ランキング1位 e-ダイエットMDクリニックといえばここ!というくらい有名なお店。対応も良いので人気です。LINE対応も行っています。 痩せる薬 MDクリニックパステル 痩せる薬ランキング2位 パステル女性的なやわらかいデザインのお店。サプリなどもあります。 痩せる薬 MDクリニックスワイ 痩せる薬ランキング3位 スワイ昔からある老舗のサイトで信用度も高い。効果も高いです。 痩せる薬 MDクリニックみんなのおくすり 痩せる薬ランキング4位 みんなのおくすり商品数も多くクレジット決済も可能。 痩せる薬 MDクリニックメディラボ 痩せる薬ランキング5位 メディラボ女性らしいデザインで女性に人気のあるサイトではないでしょうか。

痩せる薬MDクリニック、ヤンヒーについての体験談ブログなどピックアップ

痩せる薬MDクリニック、ヤンヒーについてのYAHOO知恵袋、Q&Aピックアップ